外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

面倒な業者とのやりとりとしつこい営業がなく無料でリフォームの相場がわかります。

外装塗装の窓口

屋根は雨漏りがしなければ何もしなくていいと
思っている人も少なくありません。

年数が経つと日焼けでぼろぼろと崩れる場合があります。

屋根の素材によってもそれぞれの耐用年数が違います。

屋根の場合痛みがあると雨漏りと言う現象ですぐ分かるので
修理も緊急性がありますが外壁の場合見えにくいので
壁をはがして中を見ないともれているかわからないこともあります。

いずれにせよ内部に水が浸入したのを放置すると
家全体の劣化を早めてしまうことになるのです。

シロアリが発生する原因にもなりかねません。

リフォームなどの修理は建築した施工業者に依頼するか
実際の作業は近場の業者に依頼することも少なくないのです。

外壁が吹き付けの場合は610年程度を目安に
外装塗装リフォームをしなければなりません。

ですが、10年程度でメンテナンスの期限は切れてしまうので
できるだけ安い会社依頼すれば出費は抑えられます。

外装塗装はある程度までは機械でできますが、
最後の仕上げは手作業です。

リフォーム慣れした業者のほうが
新築が得意な業者よりも良い場合もあります。

塗装業者の費用は安ければそれだけいいのではなく
リフォーム専用の業者のほうがコスパも作業能力も高いと考えるのが一般的です。

不慣れな作業者はきちんと塗装をしてくれないと考えるべきです。

地震の後の屋根の雨漏りの応急処置

大阪で大きな地震がありました。

熊本で地震があった後におこったことの記憶では
そこらじゅう屋根にブルーシートがかかったことです。

雨漏りの応急処置でブルーシートをかけたのです。

壁の亀裂よりも緊急性があるのが屋根の亀裂です。

屋根に傷がなくても雨漏りがするということもあるかもしれません。

応急処置としては屋根ブルーシートをかぶせると言うのが
すぐに雨漏りを防げます。

漏水箇所の特定にもブルーシートは活躍するでしょう。

ブルーシートをかぶせて雨漏りが止まれば
その場塩が漏水箇所ということです。

漏水箇所が分かっていれば防水テープやコーキング、シールなどで対応したり
アスファルトシート等でリフォームするのもよいでしょう。

応急処置が済んだら専門のリフォーム業者に頼むことで
急ぎ雨漏りの修繕は解消できるでしょう。

火災保険や地震保険が受けられるかも確認するのがベストです。

外壁塗装と屋根の防水メンテナンス

新築からあっという間に13年。

一般的に10~15年で外壁塗装をしないといけないようなので
気になっていました。

家にいると、怪しげな営業の人がたまに来て、
屋根の微妙な歪みを指摘して、
あそこから防水がだめになって家がだめになるかもしれないから
屋根に上って確認した方がいいとか、
いろいろセールスを受け心配になってきました。

でも、下手な人に屋根に上らせると、
屋根にひびを入れてひびがはいってますよ、
なんて言ってくる人もいるらしいので、
業者さん選びは慎重になってしまいます。

塗装された壁を触って手に粉がつかなければ、
まだ防水機能が働いているので大丈夫らしいですが、
なんとなく湿気によるコケも気になるので、
今週末、建築を施工した会社の
メンテナンス会社さんと会うことになりました。

塗装前には高圧洗浄で、
玄関外の階段まできれいにしてくれるそうで、
まだ契約していないですが楽しみです。

外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】

 

面倒な業者とのやりとりとしつこい営業がなく無料でリフォームの相場がわかります。

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ